引きこもり癖を吹っ飛ばすメッセージ(@起終点駅 ターミナル)

起終点駅 ターミナル

わたしは生理的に朝に弱いタイプの人間です。

ですから社会人になったとき、一番心配だったのは「朝起きれるかな?」でした。

朝になれば必ずわたしをたたき起こしてくれる母親という存在の偉大さを、あの時ほど感じたことはありませんでした。

しかし「見る人」がいないと、朝起きて仕事にいけないような人が大半であれば、現代社会は成立できないでしょう。

だからこそ、現代のような複雑な社会では「社会人たるものこうあるべき」というような「あるべき姿」が肯定されるのです。(台風でも会社に出勤するサラリーマンが日本を支えてきた!)

つまりわたしたちは「わたしたちを見る存在」がいることではじめて、複雑な社会生活を営むことができるわけです。

わたしの話に共感できなくても、「ご先祖様が見ている」、「お天道様が見ている」ことを前提として判断し行動した経験があるなら、わたしの言いたいことが伝わるはずです。

そして実は、、、、、「恋愛」であっても「誰か(第三者)の視線」がキーワードになるのです。

起終点駅 ターミナル

あらすじ

旭川で裁判官として働く鷲田完治(役:佐藤浩市)のもとに、学生時代の恋人だった結城冴子(役:尾野真千子)が被告人として現れる。

冴子に執行猶予付きの判決を与えた完治は裁判後、冴子が働くスナックに通い逢瀬を重ねるようになる。完治はすべてを捨てて冴子と共に暮らしていこうと決めるが、冴子は完治の目の前で自らの命を絶ってしまうのだった。

それから25年。完治は誰とも関わることなく釧路で国選弁護人としてひっそりと生きていた。そんなある日、昔の恋人である冴子を思い出させる若い女、椎名敦子(役:本田翼)が完治の自宅を訪ねてくるのだが・・・・・

見どころ(ネタバレあり)

わたしには忘れられない失恋があります。ある女性のことが大好きで何度も告白したのですが、「恋人候補」にすらなれませんでした。

わたしは社会人なり、たくさんの女性と遊びましたが、いつも頭の中には「その女性」の記憶がありました。

だから誰と交際しても「そこで手をうっちゃうの?」という気持ちを捨て去ることができずに葛藤しましたし、また過去の失恋が生きる糧(出世するモチベーション)になったりもしました。

わたしが葛藤から解放されたきっかけは、「現実のその女性」と偶然、再会したことでした。

「現実のその女性」と「記憶のその女性」の落差に愕然とし、まさに「記憶は美化される」という言葉にリアリティーを感じた瞬間に、わたしは過去の呪縛から解放されたのでした。

映画「時代屋の女房」でも、美化された「過去の女」が「おばあちゃん」になった姿を目撃したことで、途端に元気を失う男が登場しますが、まさにそんな感じです。

時代屋の女房昭和の男と昭和の女のクールな佇まいを目撃せよ!(@時代屋の女房)

「過去の呪縛からの解放」というと、それだけで「良いこと」のように思うかもしれませんが、残念ながら必ずしもそうではありません。

わたしは過去の呪縛から解放された瞬間に、気分がひどく落ち込み、鬱になりそうになりました。なぜならば「その女性」に見返せるような「いい男」になりたいというモチベーションがゼロになってしまったがゆえに、「何を目指せばいいのか?」がわからなくなってしまったからです。

映画の話に戻ります。

映画「起終点駅 ターミナル」の主人公、完治(役:佐藤浩市)も恋人との過去を引きずっています。

戦え、鷲田完治!」という謎のメッセージを残して目の前から去った学園闘争時代の恋人、冴子(役:尾野真千子)のことを、いつまでも忘れられずにいるのです。

完治の場合は冴子と再会し、一緒に生きることを選びます。(そこがわたしと違うところ)

しかし突如として冴子は自ら命を絶つのです。なぜ?冴子は自ら命を絶ったのか?

冴子は、完治が「ありのままの今の自分」ではなく、「記憶のなかで美化された元恋人」としてしか存在していないことに絶望したから命を絶ったのです。(わたしは男ですが、すでにお伝えした理由で、完治よりも冴子の気持ちのほうがよくわかります。)

それから25年が経過し、完治は誰とも関わることなく生きることを選びます。そんな折、冴子と似たような境遇にいる若い女、椎名敦子(役:本田翼)が登場します。

元恋人の死から25年が経過した完治は、25年前と同じ行動をするのでしょうか?それともしっかりと見てくれる「第三者」がいなくても「戦う」という道を選ぶのでしょうか?

さて、世界のデタラメ(完治の場合は、元恋人が目の前で命を絶つ)に直面し挫折したとき、「逃げる」(ひきこもる)のが一般的です。しかし映画「起終点駅 ターミナル」からは、「過去を振り返らずに戦え!」という強烈なメッセージを受け取ります。

あなたは戦っていますか?逃げるのもいいですが、それで愛する人を救えますか?