マフィアの掟より大事な掟とは?(@グッド・フェローズ)

グッド・フェローズ

脱法的な存在であるマフィアの世界では、「仲間を裏切るな」が基本です。

警察に逮捕されたからといって、簡単に口を割るようではファミリーの一員として認められることはないのです。

しかし「仲間を裏切るな」以上に、優先されるセオリーがあるのです。それは・・・・・・・

グッド・フェローズ

あらすじ

子供の頃から念願だったマフィアの仲間入りを果たしたヘンリー(役:レイ・リオッタ)だったが、ボスの命令に逆らったがために泥沼にはまり、とうとう身内からも命を狙われてしまうのだった・・・・

見どころ(ネタバレあり)

社会の外で生きる人の基本的な作法は「仲間を殺すな、仲間のために人を殺せ」です。以前紹介した映画「殺されたミンジュ」に登場した脱法的な集団もそうでしたし、マフィアの行動原理も基本的には一緒です。

しかしわたしたち社会の「内側」で生きる人たちは、普通は「人を殺す」という発想すら思いつきません。なぜならば「そのように」育っているからです。

都合が悪くなったら人を殺すような社会では、身動きできない満員電車に乗るどころか、ホームで電車を待つことすら怖いはずです。(いつ背中を押されるかわからない!!)

だからわたしたちは、社会人として「超えてはいけない一線」を共有することから逃れることはできないのです。

しかし社会の外に生きる人たちですら、仲間を売ることが正当化される(しかない)ことがあります。

仲間を売れば、命を狙われるだけでなく、一般ピープルとして一生つまらない日常生活を過ごすことが確実であっても、、、、それでも「仲間を売る」ことが正当化される場合とは、どんな場合でしょうか?

その答えは映画のラストで明らかにされますので、是非とも映画を鑑賞してください。おススメです。