自分に自信がもてないあなたへ(@二つ星のシェフ)

二つ星のシェフ

ある人から「わたしは●●が苦手です。変わりたいと思ってはいるのですが・・・」という相談を受けたことがあります。

わたしは「変わりたいと思うのは止めなさい。」とお伝えしました。なぜならば「変わりたい」と思うほど、『●●が苦手な自分』を認めることになるからです。

つまり「変わりたい」と願うことは、裏を返せば、自分で自分に『わたしは●●が苦手』であるという暗示をかけているようなものだということです。

あなたには苦手なものやコンプレックスがあるでしょうか?

もしあなたが本当に「●●が苦手なあなた」を克服したいなら、逆説的ですが「変わりたい!」と思うことをやめなければいけないのですが、そのことを言葉で説明するのは難しい、、、、

そ・こ・で!!!!今回紹介したいのがコチラの映画↓↓↓↓

二つ星のシェフ

あらすじ

過去のトラブルでキャリアを台無しにした元人気シェフのアダム(役:ブラッドリー・クーパー)は、もう三ツ星シェフを目指すために仲間を集めに奔走するのだが・・・

見どころ(ネタバレあり)

アダム(役:ブラッドリー・クーパー)は、異常なほどの完璧主義者で、自分にも他人にも厳しい人間です。

しかし完璧主義なのも、自分にも他人にも厳しすぎるのも、自信のなさのあらわれであることが次第に明らかになっていきます。

アダム(役:ブラッドリー・クーパー)は過去から逃げようとします。過去のトラブル、過去の女性関係、過去のライバル、、、、など、すべてのことから逃げようとします。

しかし逆説的な話になるのですが、逃げれば逃げるほど過去がアダムを追っかけてくるのです。

自分を追いかけてくる過去の災いに、再度直面したアダムは絶望し自暴自棄になり、またすべてをぶち壊そうとします。

しかしアダムは「ある気づき」を得ることで、過去から逃げることを辞め、『自分から自分を解放することに成功』するのです。

もしあなたが周囲の人たちとの関係性に悩んでいたり、いつも心に余裕がないという状況に心当たりがあるのであれば、映画「二つ星のシェフ」は、あなたを苦境から救うヒントを授けてくれるはずです。おススメです。