司法制度に「正義」はあるのか?(@三度目の殺人)

三度目の殺人

弁護士も、検察も、裁判官も、自らの良心に従って行動してくれるだろう・・・。という幻想が無残にも打ち破られてしまう映画をご紹介します。

三度目の殺人【予告動画】

作品紹介

是枝裕和監督。福山雅治主演。第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。

死刑が確実視されている殺人犯(以下、役所広司)の弁護を引き受けた弁護士(以下、福山雅治)が、弁護人だけでなく、検察、裁判官、被害者家族の利害調整にふりまわされる姿を描いた作品。

どんな人におススメ?

「弁護士も、検察官も、裁判官も、難関の司法試験を突破した優秀な人達だから、良心にしたがって行動してくれるのだろう。」とか、「裁判所は真実を追求する場なんだろう」と漠然と考えている人には、強くおススメしたい映画です。

気ままな解説!

ココから先は、管理人の気ままな解説です。映画についての理解を深める手がかりとして活用してください。

ネタバレ警報

ここから先はネタバレを大きく含みます。映画を視聴した後に閲覧することを強くおススメします!(作品での役名ではなく、俳優名で解説します。)

法廷に真実はあるのか?

殺人犯の弁護を担当している福山雅治は、被害者家族に加害者からの手紙を持参するも破られてしまいます。

そして「殺人犯の弁護をするのか?」と怒る被害者家族からの言葉を受けて、「弁護士はそういう商売なんだよ。」と愚痴ります。

また検察からも「あなたみたいな弁護士がいるから、罪と向き合わない加害者が増える」と苦言を呈されてしまいます。

つまり弁護士という職業が、弁護人の利益を最大限にするための職業として、非難される状況から作品はスタートします。

しかし物語が進むと、どうやら検察や裁判官も「真実」を追求するというよりは、利害調整のために「妥協」する人達であることが明らかになってきます。

要するに、被害者、加害者、弁護士、検察、裁判官の全員が、利害調整のためのつばぜり合いをしていたのです。その様子が映画では具体的にかつリアルに描かれています。

まず被害者家族は、公にできない事実を隠すために、法廷であいまいな証言をします。(工場での食品偽造はバレたくないし、保険金ももらいたいのです。)

加害者(役所広司)は、最初は殺人という罪を最初は認めていたにも関わらず、裁判の終盤になり状況が変わると突然、供述を変えるようになります。娘のように大切にしていた被害者の娘(広瀬すず)に苦しい過去についての証言をさせたくなかったのでしょうか?

弁護士(福山雅治)は、加害者の利益を忖度することにより、態度をコロコロ変えます。

担当の検察官は、加害者(役所広司)が「俺はやってない」と証言した当初は、「裁判を最初からやり直すべき」と主張しますが、上司からの指示で主張を変えます。

裁判官は、裁判員裁判で参加している民間人のスケジュールや、自らの人事評価を気にした対応を最優先しているように描かれます。

果たして、真実はどこにあるのでしょうか?

真実は追求できるのか?

作品を観て、「司法に幻滅した!」という感想をもつ人は多いでしょう。

しかし司法関係者が利害調整に必死になっている姿を、わたしたちは非難できるでしょうか?

なぜならば、結局のところ「真実はわからない」のです。本当のことがわからない以上、どこかで妥協せざるを得ないのではないでしょうか?

妥協の仕方はさまざまあります。

まずは妥協案その1、「真実はわからないのだから、犯罪をした明確な証拠がない限り、罪には問わない。その結果、犯罪者を見逃すかもしれないがそこは目をつぶる」(つまり推定無罪を貫く)

次に妥協案その2、「真実はわからないのだから、当事者が全力で利害を調整した後の結果であれば尊重する。その結果、冤罪被害者を生むことになってもそこには目をつぶる」(つまり、推定有罪でも致し方ない)

あなたはどちらの妥協案を採用しますか?

ただの器

作品の終盤に、弁護士(福山雅治)は加害者(役所広司)に向かってこういいます。

あなたは、ただの器

この発言を紐解くかぎは、福山雅治の直前の発言にあります。「僕がそう思いたいだけですか?」という発言です。

つまり福山雅治が目の前にいる役所広司を「犯罪者」として認識するのか?それとも「冤罪被害者」として認識するのかで、福山雅治のなかでの真実は変わるということを示唆しているのです。

たとえば「水が半分入った器」があるとして、「水が半分『しか』入っていない」と解釈するのか?それとも「水が半分『も』入っている」と解釈するのか?によって、真実は変わるということです。

さらに別の言い方をするならば、「人間はみんな物事を見たいように見ていて、見たくないモノは見ない」とも言い換えることができるでしょう。

あなたは大丈夫?

作品を観終わった人は必ず「じぶんも利害調整して生きているだけなんじゃないか?」と思うはずです。

加害者(役所広司)は作品の中で繰り返し、そのことを暗示する発言をしています。

例えば、弁護士である福山雅治に向かって「弁護士さんにとっては、真実なんてどうでもいいのかな?」と発言したり、「そちら(娑婆:シャバ)では、いろんなものを見て見ないふりをしないと生きていけないじゃないか!」と発言しています。

あなたはどうでしょうか?じぶんの行動を振り返ってみれば、多くの人にとって胸がイタイ発言のはずです。

例えば、、、上司の同僚に対するモラハラ、パワハラを見て見ぬふりをしたり。少しの不正に目をつぶったり。サービス残業に目をつぶったり。差別に目をつぶったり。。。しているのではないでしょうか?

財務省の官僚が「やっちゃいけない」と知っていたにも関わらず、公文書の偽造を部下に命じたのは、(国のためという大義名分)があったとしてもつまるところは利己的な目的がモチベーションの源泉だったからでしょう。

ではわたしたちはどうすればいいのでしょうか?利害調整せずに、自らの良心にのっとって行動すれば幸せになれるのでしょうか?

最後に:良心はあるか?

最後に立ちはだかるのは「良心とは?」というテーマです。あなたにとっての良心とはなんでしょうか?

一昔のおばあちゃんは子どもたちに「悪いことをしちゃいかん!お天道様はちゃんと見てるよ。」と指導していました。

しかし現代において、お天道様や、神、天皇陛下などの存在を行動基準のなかに埋め込んでいる人は少なくなっているように思います。

しかも残念なことに、多くの人は「じぶんには良心がない」ということに気づいてすらいません。絶望的に無自覚なまま、日々の状況を乗りきることだけに集中しているのです。

人生において追求するものがないので、壁にぶち当たるたびに「今、何をしたら得だろうか?」という短期的な損得をベースにした発想しか浮んでこないのです。

もしあなたに心当たりがあるなら、「長期的なビジョン」、「他者への思いやり」という2点を同時に満たす目的について考えてみると良いでしょう。そしてその良心を行動基準にするのです。

「今、わたしがやろうとしている行動は、長期的なビジョンを達成するのに役立つだろうか?他人を幸せにできるだろうか?」ということが、空気を吸うように自然に考えられるようになったら、あなたのなかにも良心がすみ着いた証拠です。

そうなればあなたはきっと、(少なくとも今よりは)自信をもって生きていけるでしょう。